首页 日语论文 中日職場における忌み言葉の比較

中日職場における忌み言葉の比較

一. 日本の職場における忌み言葉 1.1職場で電子メール中の忌み言葉  職場には、交流の手段として、人々はよく電子メールを利用している。 日本は礼儀を重んずる国なので、電子メールを…

一. 日本の職場における忌み言葉

1.1職場で電子メール中の忌み言葉

 職場には、交流の手段として、人々はよく電子メールを利用している。

日本は礼儀を重んずる国なので、電子メールを利用する時に、どのような忌み言葉があるか、どのように注意すべきか、この節に幾つかの例を挙げて説明させる。

まずはメールを書く時、または返信する時、最初的に挨拶語とする「お世話様です」と「お世話になっております」の言葉だ。この二つは意味が基本的な同じであるが、使い方は全然違う。「お世話様です」は目上の人から目下の人に言う言葉で、「お世話になっております」のほうはちょうど逆だ。目下の人から目上の人に交流するときに使う言葉である。誤って逆に使ったら、目上の人にとって大変失礼な事になってしまう。

そして、「ご苦労様です」と「お疲れ様です」。この二つは意味もほぼ同じであるが、前文に述べた「お世話様です」と同じで、対象が違うと、混ぜやすくて、間違ってしまう。「ご苦労様」も目上の人から目下の人に対して使う言葉で、「お疲れ様」のほうは逆で、目下から目上の人に使う言葉である。メールを書く時に間違ったら、大変失礼になって禁忌に犯すことになる。

次は「了解です」と「かしこまりました」。多くの人は電子メールを返信する時、よく「了解です」を使っている。部下としては、これは絶対だめで、禁忌される言葉である。上司にメールを返信する時に、もと謙遜で丁寧な言葉で、「かしこまりました」のように返信したほうが良い。「了解です」または「分かりました」のような言葉は正しくないだ。また、「承知しました」を使う人も居るが、ベスト返事ではないだ。上司にメールを返事する時、すっきり「はい、かしこまりました」のようにしたら、人に絶対好感を与える。

上記について、メールを書く時または返信するときに忌み言葉としてどのように注意すべきかそれぞれ述べている。

1.2事務所における忌み言葉

 日本人は事務所にて後輩や部下から先輩や、目上の人の名前を直接に呼ぶのが禁忌である。

 欧米人は人と付き合う時に特に制限がないで、直接先輩とか上司の名前をそのまま呼んでいても、全然可笑しくないだけれども、日本のほうはまったく駄目だ。日本の事務所には、そうすれば、先輩や上司に大変失礼なことだとされて、いつも避けている。例えば、上司は「佐藤」という方であって、部下から「佐藤さん」と呼ばないで、直接に職務称呼の「社長」や、「部長」とか「課長」とか「係長」等で呼ぶによって、敬意を表す。当然、先輩や上司に「あなた」も呼べないだ。呼ぶと、大変失礼なことだともされる。逆に、先輩や上司から(男性)部下に名前のまま呼ぶこと(女性部下の場合は、「XXさん」のふうに呼ぶ)または「あなた」を呼ぶのが構わないだ。これは称呼上の禁忌だ。

そして、他人から自分のため何かやってくれて感謝の意を表す時、後輩とか部下として「ご苦労さま」の言葉が禁忌される。この場合、変わりに「お疲れ様」と使ったら宜しいだ。何故か?「ご苦労様」は相手の行為を評価する意味が含まれるようだ。日本の職場では、後輩や部下から先輩、上司の行為を評価する事は大変失礼な事だと見られているのだから。

一日の仕事が終わって、退勤しようとする時、上司がまだ帰らないで仕事中だったら、この時に「さようなら」が言えず、「失礼します」と言うべきだ。また、同僚同士より先に帰る場合、「お先に」を言うべきだ。いずれにしても、先に帰る時には「さようなら」が絶対に禁忌されている。

また、会議を開く時、先輩や上司から先に発言したほうがいいだ。部下として何か発表したい事があっても、上司らの発言が終わった後にしたほうがよいと思う。会議中、自分の発言が終わって、上司に内容や意味が完全に理解してくれるかどうかを確認する時、絶対に「お分かりでしょう」を言わず、「宜しいでしょうか」の代わりに言うべきだ。何故か?「お分かりでしょうか」という言葉には、相手の能力を疑う意味があるからだ。日本の職場では、上司の能力を評価することは禁忌だ。

一言で、職場における先輩や上司への称呼、感謝の意の表す方、退勤時点の挨拶言葉、会議中の言葉に禁忌されることについて、詳しく説明している。

 

二. 中国の職場における忌み言葉

2.1職場で称呼上の忌み言葉

日本の職場と同じ様に、職務のある人達に、例えば、社長とか、部長や、課長などの目上の人達に、直接名前を呼ぶのは失礼で、禁忌される。この場合は、相応的に直接に「老板」、「经理」、「主管」のまま、あるいはそれらの職務の前に名字を付けて、「王老板」、「李经理」、「陳主管」のように呼んでいいと思う。「先輩」を及ぶと、日本のとちょっと異なっている。中国職場のほうは先輩の名前のまま呼んでよくて、全然失礼とは関係無しだ。

そして、注意すべきなのは、目上の人が自分より年下であっても、「小王」とか「小李」のように呼べば、尊重しないと見られる事になってしまうから、禁忌される。

もう一つ。事務所にて、「哥们儿」、「姐们儿」、「老乡」、「学长」、「学姐」、「姐夫」などのような私的な関係を表明する称呼を使わないほうが良い。何故というと。マネジマンは社内にて私的に小さいグループを作って会社に利益を損害する事を嫌がるのだから。

最後に、身体的に欠陥のある同僚同士に綽名をとって呼ぶことは禁忌される。例えば、肥満している劉に「刘胖子」、身長の低い蔡に「蔡矮子」のように呼ぶのは禁忌される。これは人にとって尊重されないで非常に失礼なことである。

本文来自网络,不代表中国论文网立场。转载请注明出处: http://www.chinalunwen.com/riyu/655/
上一篇
下一篇

作者: 中国论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部