首页 日语论文 中日異文化の交流——お酒儀礼作法を中心に

中日異文化の交流——お酒儀礼作法を中心に

要  旨 日本の酒文化は、中国の酒文化から発展してきたものであると言える。そして、東方文化ににおいて、酒文化は、その中で非常に重要な部分となっている。われわれの生活の中で…

要  旨

日本の酒文化は、中国の酒文化から発展してきたものであると言える。そして、東方文化ににおいて、酒文化は、その中で非常に重要な部分となっている。われわれの生活の中で、酒は、たいへん重要な役割をはたしている。

それで、酒礼儀は、国と民族の特徴を表すことができる代表物であり、人間文化発展史で欠かせない部分である。本論文は、中日の酒礼儀作法の相違を通して、その中身を覗きたいと思う。これらの研究によって、中日の社会をさらに理解することができる。そうすると、中日異文化の交流を促進することもできる。

本論文はまず日の酒文化の発展史を紹介し、それから中日の酒儀礼の共通点と相違点に対して比較を行い、いっそう中日の酒儀礼を理解し、中日の社会生活を理解する。それによって中日生活文化の中の相違点を解明する。

 

キーワード 中日、酒礼儀、相違、交流

 

 

摘要

日本酒文化的历史可以说是由中国酒文化的历史发展而来的,并且,在东方文化中,酒文化是非常重要的组成部分。在我们的生活中,酒扮演着非常重要的角色。

饮酒礼仪也能从一个侧面反映出一个国家和民族的特征,是人类文明史上不可缺少的一部分。本文从中日酒礼仪做法的差异性来分析,对产生这一现象的原因进行一些探讨,通过对这些的研究,可以对中日的社会有更好的理解,进而促进中日异文化的交流。本文是通过介绍中日酒文化的发展史,然后对中日酒礼仪的共同点和不同点进行比较,进一步了解和理解中日酒礼仪。从而知道中日文化生活的不同。

 

关键词:中日、酒礼仪、差异性、交流

目录

要  旨……………………………………………… 1

摘要……………………………………………….. 2

はじめに……………………………………………. 4

1、中日飲酒礼儀の相違点………………………………. 4

1.1「乾杯」という習慣……………………………….. 4

1.2「酒を勧める」という習慣………………………….. 5

1.3 上司と酒を飲む時………………………………… 5

1.4 人々と交際する時、酒が重要な役割を果たす…………… 6

1.5  飲酒の雰囲気………………………………….. 6

2、相違の原因………………………………………. 7

2.1 歴史、文化、環境などの要素………………………. 7

2.2 飲食の要素……………………………………. 8

2.3 招待方式、観念などの要素………………………… 9

2.4 生活、仕事の要素………………………………… 9

3 中日交流への影響…………………………………. 10

3.1文化交流への影響……………………………….. 10

3.2経済交流への影響……………………………….. 10

終わりに…………………………………………… 11

参考文献…………………………………………… 12

謝  辞…………………………………………….. 13

 

はじめに

  中国は酒の故郷、酒文化の発祥地だ。5千年余りの人類の文明発展の過程の中、酒文化も同時に前進する。中国と同じに、日本も古い文化を持っている国家である。日本は独特な地理環境や発達した経済があり、独特な日本の文化を形成した。日本文化の中で、酒文化は極めて重要な一部である。

中日民族は酒を飲む長い歴史を持っている。長い歳月の中、中国と日本の人は特色を持つ美酒を醸造するだけではなく、多彩な酒文化も創造した。そのため、私は酒儀礼を研究し、中日の酒文化を理解したい。さらに一歩進んで中日文化の相違点を解明したい。中日の酒席は社会の縮小版で、世の中で、多くのあいさつと交流は酒席で行われるからだ。だから、正しい酒儀礼を学ぶ必要がある。酒席の儀礼をよくつかむのは人生の一つの貴重な財産だ。

本文は中日の酒文化の形成と発展、中日の酒儀礼の共通点と相違点の比較の何方面を通じて更に中国と日本を理解し、中日の独特な生活と文化を説明する。

 

1、中日飲酒礼儀の相違点

中日の酒文化は共通点がたくさんある。しかし、あでやかな日本の風土とデリケートな日本人の感性によって自分の酒文化が育てられ、発達してきた。中日の文化や思想が違うので、両国の飲み方や飲む礼儀も違う。飲酒の礼儀作法も、中国と日本では異なっている。

1.1「乾杯」という習慣

 中国も日本も「乾杯」の習慣があるが、中国では、日本と違って、杯の酒を飲み干すという文化がある。乾杯は会食や酒宴の初期に、食事や飲み物に手をつけていない段階で行われる。食事を開始するきっかけとして行われることが多い。宴席で何度も乾杯を行う。使う酒はアルコール度数の高い白酒(パイチュウ)とビールのほが多い。白酒の場合は小さいグラスを用いる。宴会の始まりとして、皆が一緒に「乾杯」を発声して、お互いにグラスを当てる。その後、酒を飲み干す。また、女性や酒のあまり飲めない人に対して、「随意」と言って、飲み干さなくてもよい。皆がそろって乾杯した後、次はまた個々で乾杯する。

日本における乾杯は、最初は中国と同じように酒を注いだグラスを掲げ、「乾杯」を唱和してグラスを掲げ、その後回りの人のグラスに当て、酒を飲む。具体的には、まず司会の合図や場の雰囲気で開始する。着席している場合には、起立する。卓上のグラスを手に取り、代表者の「乾杯」の発声のあと、参列者も「乾杯」と唱和する。目の高さぐらいを基準に、グラスを掲げて酒を飲む。飲み干すかどうか個人の自由である。グラスを置き、拍手する。その後着席したり、食事を始めたり、歓談に移るなど、マナーに則り自由に行動する。

中日の乾杯は同じ部分もあるが、幹事か司会の役割の大きさや飲む干すかどうかのところが異なっている。

1.2「酒を勧める」という習慣

日本では、お互いに酒が少なくなっているか、空になっているコップを見たら、酒を注ぐことが礼儀で、酒を飲む時には自分で勝手にコップを手にとって飲んでもよいのだが、中国では酒を飲むときには、必ず一緒に飲むことが礼儀作法になっている。

中国の場合はいかにほかの人に多く飲ませて、自分が少なく飲むのは宴会の勝負である。例えば、「駆けつけ三杯」のような罰ゲームの形で相手に酒を飲ませる。また、「感情深,一口闷」(友情が深ければ、一息に飲め)のような言葉を唱えて酒を勧める。ゆえに、祝日休日になると急性アルコール中毒で救急病院に担ぎ込まれるケースも増えている。

それに対して、日本では、無理に勧めることをしなくて、人々それぞれ自分の酒の量にあわせて飲むのが多い。でも、アルコールハラスメント、通称アルハラはとくに若者の間に存在している。それはアルコール飲料に絡む嫌がらせ全般を指している。日本では、アルコールハラスメントが原因での死亡者がでたことをきっかけとして1980年代以降に急速に問題視されはじめた。例えば、大学生らの間で流行した一気飲みという行為がある。つまり、一息に酒を飲み干す行為のことである。時には、他人を無理やり酒を飲ませるような行為になる。とくに、進学シーズンともなると、毎年のように新入生がコンパなどで、この一息飲みを強要されて、急性アルコール中毒で救急病院に担ぎ込まれるケースが続発し、毎年のように死亡者が多数出ることが日本では社会問題にもなっている。

1.3 上司と酒を飲む時

 中国では、普通の友達と酒を飲む時と違って、相手が上司の場合、緊張感が高まり、普段より注意しなければいけない。例えば、「感情深,一口闷」(友情が深ければ、一息に飲め)という酒を勧める言葉があるが、上司に対して使うと、なれなれしく思われる。相手上司だから、たとえ酒場においても、上司にたする尊敬な気持ちを欠けてはいけない。上司同士の乾杯が終わっていないと、上司との乾杯ができないのは礼儀である。それに、上司に酒を飲ませられたら、素直に飲み干すのが礼儀正しい。つまり、上司と酒を飲む時に、とくに尊敬の気持ちを持ち、自分の立場を低くするのはポイントである。

それに対して、日本の酒場には無礼講という言葉がある。無礼講とは、現代では忘年会、新年会を始めとする飲み会の席において、上役の者や先輩などが「地位や身分に関係なく酒を楽しもう」という意味である。その場で上司と部下とより近くなり、互いに親しくなることもあるが、無礼講といっても、「楽しんで欲しい」という意図から、形式的にとどまる場合がある。その場合、自身の振舞い方によっては、上司、部下、先輩や後輩、さらに同期社員との、その後の人間関係に影響を及ぼす恐れがある。形式的な「お約束」のような言葉でもあり、必ずしも無礼講であるとは限らないため、宴会の席では状況を把握した上で、適切に行動することが求められる。つまり、日本の場合に、「無礼講」があっても、それはある程度内のもので、実際中国の同じように、注意しなければいけない。

1.4 人々と交際する時、酒が重要な役割を果たす

人々と交際する時、中国にも日本にも酒は重要な役割を果たす。例えば、日本のネット調査会社アイシェアは2009年7月2日、「お酒の楽しみ方」に関する意識調査を公表した。調査対象は20代~40代のネットユーザー男女573名。調査結果は以下のようである。

回答者は「お酒が飲める」(35.8%)と「どちらかというと飲める」(21.8%)を合わせると57.6%。「どちらかというと飲めない」(20.4%)と「飲めない」(22.0%)を合わせると42.4%。

それによると、「お酒は人付き合いの潤滑油になると思うか?」という質問には、全体の28.3%が「なると思う」と答え、「どちらかというとなると思う」(53.4%)を合わせると8割以上(81.7%)の人が効果を認めている。

一方で、「ならないと思う」と答えた人は10.6%、「どちらかというとならないと思う」と答えた人は7.7%いた。特に「飲めない」人の63.9%が、効果を認めていない。

つまり、大半の人は「お酒は人付き合いの潤滑油になる」と考えている。中国ではなおさらである。「商談は宴会の上で」などの言い方があるように、両国において酒が果たす重要な役割が窺える。

1.5  飲酒の雰囲気

宴会の上で、手酌などのことはよくない事だ。酒を飲んでいる場所は誰と酒を飲むことがある。目つきの交流があり、それから酒を飲むことは中国の宴会の基本なことだ。日本人は宴会の初めの時いっしょに乾杯するだけ、あとは皆自分勝手に飲むようだ。ところが、中国人は必ず誰かを誘って